• くるまのかぎやさん

レクサスCT(ZWA10)のスマートキー持込追加登録作業





ブログをご覧になったお客様より、レクサスCT(ZWA10)のスマートキー持込追加登録作業のご依頼をいただきました。ありがとうございます。





トヨタやレクサスの中古スマートキーは一度でも登録したものは他の車両には使用できません。

トヨタディーラーさんでも中古スマートキーのリセット(初期化)は技術的にできません。


くるまのかぎやさんでは特殊な機械を使用してスマートキーをリセット(初期化)し、別の車両に再登録可能にすることができます。

(基盤を改造するようなことはありませんのでご安心ください。)


スマートキーやイモビライザーには年式や前期後期のモデル違いはもちろん、グレードやオプションなどによっても複数の種類があり、適合するもの以外は登録できません。


スマートキーの外見が同じでも、中の基盤が異なっていることは多々ありますし、

ヤ●●クやメ●●リなどのネットで購入された場合、出品者が適合車種を間違えていたり、故障や水没しているものを出品していたりしているケースが良くあると聞きます。


ですから『適合しない場合は、登録できない可能性もあります』と説明の上、ご納得いただいてから依頼をお受けしております。





レクサスCT(ZWA10)は全車プッシュボタンのスマートキータイプとなっていますので、スマートキーをポケットやバッグの中に入れておけば、ドアノブに手を差し込むことでドアロック解除、プッシュスタートボタンを押すだけでエンジン始動、ドアノブにあるデコボコのスイッチ部分に触れることでドアロックができる車両になります。





今回はスマートキーとカードキーを持込で追加登録と、スマートキーに挿さるメカニカルキーのカットをご希望です。


まずは、現在使用しているスマートキーのデータと今回登録するスマートキーのデータが適合しているかを確認します。


問題なく適合しておりましたので、良かったです。


次に今回登録するスマートキーの前車両データを消去するためにスマートキーの初期化を行います。


アレやコレやと作業し、初期化完了です。


スマートキーの初期化が完了したところで、専用のコンピューターを車両に接続し、登録作業に入ります。





専用のコンピューターを車両に接続し、イモビライザーやスマートキーのデータ抽出を行います。


あれやこれやと手順を踏んでいき、データ抽出完了後、新たなスマートキーを登録します。イグニッションスイッチボタンにスマートキーをかざして車両から反応があれば登録完了です。





次にメカニカルキー(スマートキーに挿さるかぎで、バッテリーあがりの時やスマートキーの電池切れの際にドアロックを開錠するためのカギ)をカットしていきます。


こちらのカギは片面内溝タイプと呼ばれており、セキュリティが更に高くなっていますので開錠にも繊細な技術が必要なタイプになります。


適合するブランクキー(まだ溝をカットしていない状態の材料)をコンピューターマシンにセットし、キーシリンダーの情報からカットしていきます。





高精度でスムーズに回るかぎが完成です。






動作確認を行い、最後にお客様にもご確認いただき全ての作業が完了です。





当店では、環境にもお財布にもやさしいリユース部品(安心のメーカー純正品)のスマートキーやリモコン基盤を採用しておりますので、リーズナブルに全紛失復旧やスペアキー作成が可能です。





年式や車種により在庫が異なりますので、

ご相談ください。



※一部メーカーや車種により、リユース部品を使用できず、新品部品のみの対応となる場合がございます。

その場合や、新品部品をご要望の場合は、別途料金や納期が数日かかる場合がございます。



(以下検索用)

#かぎ #カギ #鍵 #キー #KEY #車 #イモビ #スマート #リモコン #キーレス #スペア #カスタム #くるますきなひととつながりたい #車好きな人と繋がりたいフォローミー #車好きな人と繋がりたい #中古車 #九州 #福岡 #博多 #糸島#レスキュー #ロードサービス #レッカー #トヨタ #TOYOTA #LEXUS #レクサス #ZWA10 #CT #カード








閲覧数:555回0件のコメント